古希祝いの贈り物

古希のお祝いにて祖父に向けたメッセージ例文

古希は70歳を迎えることを祝うご長寿のお祝いです。

あなたのお祖父(じい)さんが70歳の古希を迎えるなら

感謝の言葉を贈られると良いと思います。


感謝の言葉やメッセージと言っても、

普段は改まって伝える機会もなかったと思いますので、

古希祝いのプレゼントを贈られる際にメッセージカードとして、

あるいは、古希祝いの会に出席できない場合のお祝い電報として、

あるいは、ご祝儀を送られる際に添えるメッセージとして。


感謝の言葉を伝えるシチュエーションは多種多様ですが、

あなたの感謝の想いがこもっていることが大切だとも思います。


参考ですが、お祖父さんへの感謝のメッセージの例文を

ご紹介します。


例1:めでたく古希をお迎えの由、心からお祝い申し上げます。

   益々のご健勝をお祈り致しております


例2:古希のお祝いおめでとうございます。今後も御自愛され

   さらにご長寿をと、心よりお祈り申し上げます。


例3:つつがなく古希を迎えられましたことお喜び申し上げます。

   お祝いの席に行けずに残念です。

   これからもご活躍して頂きますよう心よりお祈り致します


例4:お誕生日と古希祝いおめでとうございます。

   これからも健康に気をつけて、いつまでも長生きしてください。

   お祖父さんを人生の目標として、これからも頑張りたいと

   思いますので、よろしくお願いします。


例5:いつもやさしいお祖父ちゃん、古希のお祝いおめでとう。



あなたの感謝の気持ちがこもっていれば、

どんなお祝いのメッセージでも、想いは伝わると思います。






祖父の古希祝いに名入れ酒と70年前の新聞を贈る

祖父の古希祝いには70歳名入れTシャツを贈る








祖母の古希祝いに紫色のちゃんちゃんこを贈る

祖母の古希祝いには枯れないブリザーブドフラワーを贈る








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 22:15 | 古希祝いメッセージ例文

古希祝いの贈り物

古希のお祝いにて祖母に向けたメッセージ例文

古希祝いは70歳(七十歳)を祝うご長寿のお祝いですが、

あなたのお祖母(ばあ)さんが古希を迎えられるなら、

古希のお祝いとして、感謝の気持ちを表したいですね。


親戚一同が集まるお祖母さんの古希祝いの宴に、

都合が合わず参加できない場合のお祝い電報や、

プレゼントを贈られる場合の、メッセージカードに記す

感謝の言葉として、お祝いのメッセージ例文を

ご紹介しています。


お世話になったあなたのお祖母さんへの感謝の言葉として

ご参考にしていただけましたら幸いです。


例1:古希のお祝いを申し上げます。

   末永いご多幸とご健康をお祈り申し上げます。


例2:祝 古希!いつまでも健康で活き活きとした毎日を

   送られますようお祈り致します。


例3:おばあちゃん、古希おめでとうございます。

   あんまり無理をしないで体をいたわって下さい。


例4:古希おめでとうございます。人生これからです。

   楽しい毎日をお過ごし下さい。


例5:古希おめでとうございます。

   いつまでも元気なおばあちゃんでいてね。



どのような言葉の表現でも、

あなたの感謝の気持ちがこもった言葉なら

お祖母さんに感謝のメッセージは伝わると思います。










古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 23:10 | 古希祝いメッセージ例文

古希祝いの贈り物

古希のお祝いにて恩師に向けたメッセージ例文

古希のお祝いは、あなたの恩師の方にとって、

一生に一度の、人生の節目となる70歳のご長寿の

お祝いです。


お祝いの気持ちは伝えたいけど、

ちょうどお祝いの会に参加できないときや、


プレゼントを贈るときに、

ちょっとした感謝の言葉を添えたい時など、

お祝いのメッセージを贈りたいシチュエーションも

あると思います。


普段は改まって感謝の言葉を贈る機会もないと思いますが、

恩師の方への感謝の言葉、メッセージの例文を

簡単ですがご紹介しています。



例1:○○先生には○月○日にめでたく古希を迎えられる由、

   誠におめでとうございます。


例2:○○先生、お元気で古希を迎えられ、本当におめでとう

   ございます。今後も御自愛されどうぞ、

   いつまでも若々しくお元気でいらしてください。


例3:○○様には、お健やかにてめでたく古希をお迎えに

   なられるとのこと、心からお祝を申し上げます。


例4:謹んで古希のお祝いを申しあげます。

   ますますお元気で長生きされますよう、

   お祈りいたします。


例5:めでたく古希を迎えられ、心よりお祝い申し上げます。

   折角のお祝いの会に参上できず残念ですが、

   これからも健康に留意され、いつまでも明るく楽しい日々を

   送られますよう、お祈りいたします。



あなたの感謝の想いが伝われば、どのような表現でも良いと思います。

古希祝いのメッセージを考えられる際の参考になりましたら幸いです。






恩師の古希祝いには記念の名入れフォトフレームを贈る

恩師の古希祝いに記念の名入れロックグラスを贈る








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 23:02 | 古希祝いメッセージ例文

古希祝いの贈り物

古希のお祝いに知っておきたいしきたりやマナー

古希(こき)のお祝いは、還暦祝いの次に来る

ご長寿のお祝いで、数え年で70歳(七十歳)の

ご長寿祝いです。


ご両親や親族、恩師が古希を迎えられる際に、

古希祝いのお食事会や宴を準備されたり、

プレゼント、贈り物をご用意される場合には、

古希のお祝いのしきたりやマナーは知っておきたい

ものですね。


一生に一度の大切な古希のお祝いですので、

慣れないながらも失敗はしないようにしておきたい

ものです。



古希祝いのしきたりとして年齢に関することですが、

還暦祝いは満60歳となる方のご長寿祝いですが、

古希祝いは”数え年”で70歳になるお祝いですので、

満69歳になるときにお祝いするものです。


また、プレゼント・贈り物をご用意される際には

古希祝いにちなんだ色に配慮が必要です。


還暦祝いは、赤色にちなんだ品物を

選ばれることが一般的ですが、

古希のお祝いでは、紫色にちなんだものを選びます。



格好品や食べ物などを贈り物に選ばれる場合は、

必ずしも紫色を優先する必要はありませんが、


プレゼントとしては定番のちゃんちゃんこや座布団、

色を選ぶことができる贈り物なら

紫色にちなんだものを選ぶことがしきたりです。



古希のお祝いに、色がきれいだからと赤いちゃんちゃんこを

プレゼントしたりすると、大きな恥をかいてしまいます。


古希のお祝いのマナーとして、覚えておきたいところです。






古希のお祝いの仕方

古希祝いに紫色のちゃんちゃんこ








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 09:44 | 古希(古稀)祝いのしきたり
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。