古希祝いの贈り物

古希のお祝いに喜ばれる贈り物を選ぶ秘訣

お父さんやお母さん、お祖父さんやお祖母さんが

あるいはあなたの恩師が、70歳の古希を迎えられるなら、

日頃の感謝の想いを込めて

何か良い贈り物をしてあげたいですね。


古希のお祝いのプレゼント、贈り物を選ぶ時は、

どんな品物なら喜んでもらえるのか、感動してもらえるか、

悩んでしまうところだと思います。



古希という一生に一度のご長寿のお祝いに

人気がある、喜んでもらえる贈り物選びの秘訣を

ご紹介しています。



古希祝いには、古希にちなんだ色があり、

例えば、還暦祝いなら赤色にちなんだ贈り物ですが、

古希祝いの場合な、紫色にちなんだ品物が定番です。


還暦祝いでは赤色のちゃんちゃんこを贈りますが

古希祝いでは紫色のちゃんちゃんこを選びます。


ご家族や、ご親族が集まる古希祝いの宴の席なら

お祝いの主賓が紫色のちゃんちゃんこを着て登場すれば、

盛り上がることは間違いないですね。



喜ばれる贈り物選びの秘訣としては、

オリジナルで実用的な物が選ばれています。


湯呑やワイングラス、ビールジョッキなどに

お祝いされる方の名前を彫刻した

名入れのグッズの贈り物は多くの方に喜ばれています。



健康に関するグッズも人気のプレゼントです。

マッサージチェアや低反発のクッションや枕、

肩こりや腰痛に効く品物が喜ばれています。



品物というより、旅行のプレゼントも人気です。

夫婦水入らずで、あるいはご家族みんなで、

特に温泉旅行のプレゼントが喜ばれています。



当サイトでは、古希のお祝いに喜ばれる贈り物を

たくさんご紹介しておりますので、

是非、あなたからのプレゼント選びの参考に

してみてください。






古希祝いに紫色のちゃんちゃんこを贈る

古希祝いとして旅行を企画してお祝いする

古希祝いには感謝の想いを「花なまえの詩」にして贈る








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 20:17 | 古希祝いに喜ばれる贈り物

古希祝いの贈り物

古希のお祝いとしては避けたいプレゼントや贈り物

古希祝いのプレゼントや贈り物選びでは、

しきたりやマナーを知らないがために、

うっかり失礼なプレゼントを贈ってしまい、

せっかくのお祝いが残念なことにならないように

気を付けたいですね。


冠婚葬祭さまざまな祭事ごとには、

普段は意識しないようなマナーが付き物ですが、

古希祝いの贈り物選びにおいても

マナーとして避けた方が良い品物があります。



例えば、補聴器とか老眼鏡などの贈り物は、

老いを連想させてしまうものです。


昔は70歳まで生きるのは希(まれ)であったことが、

もともとの古希という言葉の由来ですが、


今では70歳はまだまだ若く元気な方も多く

老人扱いは、失礼になることも少なくないので

古希のお祝いのプレゼント選びでは避けた方が良いと思います。


また他には、お茶の贈り物です。

お茶はおいしくて手軽なので、贈り物に選んでしまいがちですが、

お茶はお葬式のときの香典返しにも良く使われる贈り物なので

古希祝いのプレゼントとしては、避けた方が良いでしょう。



数字については、縁起の悪い数字に関わる品物には

少し配慮が必要です。


「9(苦)」とか「4(死)」の数字を連想させる、

櫛(くし)などは、古希のお祝いには避けた方が良いでしょう。



これだけ知っておけば、失敗しない古希祝いの贈り物の

選び方としては大丈夫でしょう。






古希のお祝いのご祝儀の金額相場について

古希祝いのタイミングはいつが良いか?








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 23:00 | 古希祝いに避けたい贈り物

古希祝いの贈り物

古希のお祝いで知っておきたいタブーやマナー

古希のお祝いは、あなたのお父さんやお母さん、

お祖父さんやお祖母さん、そして恩師の方にとって

数え年で70歳となる人生の大切な節目のお祝いです。


人生に一度のお祝いなだけに、

古希のお祝いをする時に、気を付けておきたい

タブーやマナーを知っておくことも大切です。


古希のお祝いとして、プレゼント・贈り物を選ばれたり、

感謝のメッセージを送られる時には

気を付けておきたいことがあります。



かつては70歳まで生きることが稀(まれ)という

意味での古希のお祝いですが、


現在では、70歳と言えどもまだまだお若いので、


「枯れる」、「衰える」、「すたる」、「崩れる」、

「もろい」、「折れる」、「転ぶ」など、

老いを連想させるものは、忌み言葉として避けましょう。


また、数字の四は「死」を、九は「苦」を連想させるので、

古希祝いのタブーとして知っておきたいところです。


古希のお祝いで失敗しない贈り物の選び方や

感謝の想いを上手に伝えるお祝いメッセージ例文は、

別のページにてご紹介しています。






古希のお祝いに喜ばれる贈り物を選ぶ秘訣

古希祝いの感謝の言葉、メッセージ例文をご紹介








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 10:09 | 古希祝いのタブー

古希祝いの贈り物

古希のお祝いのご祝儀の金額相場について

古希祝いには、プレゼントを贈ったり、

お祝いの食事会や宴を用意したり、

旅行を企画してお祝いしたりと様々ですが、


直接会うことができない場合には、

ご祝儀(しゅうぎ)を渡します。


贈り物だと、なかなか相手の好みが分からず

品物を決めることが難しいものですが、


好きなものを買っていただく、

好きなことに使っていただくという意味で

ご祝儀は、贈り物とは違ったお祝いのかたちです。



古希祝いのご祝儀の金額ですが、

相手との関係や親密の度合いによっても違うと思いますが

一般的な金額の相場・目安を以下にご紹介しています。



・子供が両親へ贈る場合は、2万円〜3万円

・孫が祖父母へ贈る場合は、1万円〜3万円

・親族へ贈る場合は、5千円〜1万円

・恩師へ贈る場合は、1万円〜3万円




古希のお祝いのご祝儀の金額に

決まったルールがある訳ではありませんが、

一般的な相場として、知っておくことは大切ですね。






古希祝いの感謝の言葉、メッセージ例文を紹介しています

古希のお祝いの仕方の種類を知っておきましょう








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 20:14 | 古希祝いのご祝儀
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。