古希祝いの贈り物

古希のお祝いで知っておきたいタブーやマナー

古希のお祝いは、あなたのお父さんやお母さん、

お祖父さんやお祖母さん、そして恩師の方にとって

数え年で70歳となる人生の大切な節目のお祝いです。


人生に一度のお祝いなだけに、

古希のお祝いをする時に、気を付けておきたい

タブーやマナーを知っておくことも大切です。


古希のお祝いとして、プレゼント・贈り物を選ばれたり、

感謝のメッセージを送られる時には

気を付けておきたいことがあります。



かつては70歳まで生きることが稀(まれ)という

意味での古希のお祝いですが、


現在では、70歳と言えどもまだまだお若いので、


「枯れる」、「衰える」、「すたる」、「崩れる」、

「もろい」、「折れる」、「転ぶ」など、

老いを連想させるものは、忌み言葉として避けましょう。


また、数字の四は「死」を、九は「苦」を連想させるので、

古希祝いのタブーとして知っておきたいところです。


古希のお祝いで失敗しない贈り物の選び方や

感謝の想いを上手に伝えるお祝いメッセージ例文は、

別のページにてご紹介しています。






古希のお祝いに喜ばれる贈り物を選ぶ秘訣

古希祝いの感謝の言葉、メッセージ例文をご紹介








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 10:09 | 古希祝いのタブー
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。