古希祝いの贈り物

古希のお祝いのご祝儀の金額相場について

古希祝いには、プレゼントを贈ったり、

お祝いの食事会や宴を用意したり、

旅行を企画してお祝いしたりと様々ですが、


直接会うことができない場合には、

ご祝儀(しゅうぎ)を渡します。


贈り物だと、なかなか相手の好みが分からず

品物を決めることが難しいものですが、


好きなものを買っていただく、

好きなことに使っていただくという意味で

ご祝儀は、贈り物とは違ったお祝いのかたちです。



古希祝いのご祝儀の金額ですが、

相手との関係や親密の度合いによっても違うと思いますが

一般的な金額の相場・目安を以下にご紹介しています。



・子供が両親へ贈る場合は、2万円〜3万円

・孫が祖父母へ贈る場合は、1万円〜3万円

・親族へ贈る場合は、5千円〜1万円

・恩師へ贈る場合は、1万円〜3万円




古希のお祝いのご祝儀の金額に

決まったルールがある訳ではありませんが、

一般的な相場として、知っておくことは大切ですね。






古希祝いの感謝の言葉、メッセージ例文を紹介しています

古希のお祝いの仕方の種類を知っておきましょう








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 20:14 | 古希祝いのご祝儀

古希祝いの贈り物

古希のお祝いのご祝儀袋の書き方が知りたい

古希の祝いの贈り物を渡すのとは別の方法で、

ご祝儀(しゅうぎ)としてお金を渡す場合がありますが、

ご祝儀の金額の相場や、ご祝儀袋の書き方にも

知っておきたいルールやマナーがあります。


古希祝いのご祝儀を包む祝儀袋ですが、

紅白または金銀の蝶結びのものが選ばれます。


祝儀袋の表書きには、

「祝古希」「古希御祝」「寿福」などが一般的です。

古希祝の祝儀袋


古希祝いとなる七十歳のご長寿のお祝いは、

一生に一度の大切な人生の節目となるイベントなので、

失敗しないよう事前に知っておきたいマナーです。






古希のお祝いで知っておきたいタブーやマナー

古希祝いのタイミングはいつが良いか?








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 19:38 | 古希祝いのご祝儀
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。