古希祝いの贈り物

古希のお祝いとしては避けたいプレゼントや贈り物

古希祝いのプレゼントや贈り物選びでは、

しきたりやマナーを知らないがために、

うっかり失礼なプレゼントを贈ってしまい、

せっかくのお祝いが残念なことにならないように

気を付けたいですね。


冠婚葬祭さまざまな祭事ごとには、

普段は意識しないようなマナーが付き物ですが、

古希祝いの贈り物選びにおいても

マナーとして避けた方が良い品物があります。



例えば、補聴器とか老眼鏡などの贈り物は、

老いを連想させてしまうものです。


昔は70歳まで生きるのは希(まれ)であったことが、

もともとの古希という言葉の由来ですが、


今では70歳はまだまだ若く元気な方も多く

老人扱いは、失礼になることも少なくないので

古希のお祝いのプレゼント選びでは避けた方が良いと思います。


また他には、お茶の贈り物です。

お茶はおいしくて手軽なので、贈り物に選んでしまいがちですが、

お茶はお葬式のときの香典返しにも良く使われる贈り物なので

古希祝いのプレゼントとしては、避けた方が良いでしょう。



数字については、縁起の悪い数字に関わる品物には

少し配慮が必要です。


「9(苦)」とか「4(死)」の数字を連想させる、

櫛(くし)などは、古希のお祝いには避けた方が良いでしょう。



これだけ知っておけば、失敗しない古希祝いの贈り物の

選び方としては大丈夫でしょう。






古希のお祝いのご祝儀の金額相場について

古希祝いのタイミングはいつが良いか?








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 23:00 | 古希祝いに避けたい贈り物
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。