古希祝いの贈り物

古希のお祝いにて父に向けたメッセージ例文

いつも優しくもあり、厳しくもあるお父さん。

子供のころは、少し距離を置いて

言うことも聞かなかったけれど、


大人になり、自分にも子供が出来て初めて

一家を支えてきたお父さんの大変さが分かるもの。



いつも頼りにしてきたお父さんも、気が付けばもう70歳。

70歳は古希(こき)という長寿のお祝いにあたります。


お父さんの70歳の古希のお祝いには、

日頃の感謝の気持ちを伝えたいですね。


あなたの感謝の言葉を、形にしてみましょう。


古希のお祝いのメッセージ例をいくつかご紹介します。



ちょっとかしこまった感謝の言葉なら・・・


例1:謹んで古希のお祝いを申しあげます。益々お元気で

   長生きされますよう、お祈りいたします。


例2:古希のお祝い おめでとうございます。今後も御自愛され 

   さらにご長寿をと、心よりお祈り申し上げます。



フランクな間柄なら、ちょっとくだけたメッセージで・・・


例3:古希おめでとうございます。もう70歳になるんですね。

   くれぐれも体には気をつけてください。

   なんだかんだ言っても健康が一番。長生きして欲しいです。


例4:祝 古希。まだまだ現役のお父さん、益々元気でいて

   日本の平均寿命を延ばしていってください。


例5:お父さん、古稀おめでとう!これからも長生きして下さい。



お父さんの古希のお祝いには、

プレゼントにメッセージカードを添えて、


普段はなかなか会うことができない

遠方にいるお父さんなら、お祝いの電報として、


あなたの感謝の想いを言葉にして

伝えてみてはいかがでしょう。










古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 19:41 | 古希祝いメッセージ例文
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。