古希祝いの贈り物

古希のお祝いに知っておきたいしきたりやマナー

古希(こき)のお祝いは、還暦祝いの次に来る

ご長寿のお祝いで、数え年で70歳(七十歳)の

ご長寿祝いです。


ご両親や親族、恩師が古希を迎えられる際に、

古希祝いのお食事会や宴を準備されたり、

プレゼント、贈り物をご用意される場合には、

古希のお祝いのしきたりやマナーは知っておきたい

ものですね。


一生に一度の大切な古希のお祝いですので、

慣れないながらも失敗はしないようにしておきたい

ものです。



古希祝いのしきたりとして年齢に関することですが、

還暦祝いは満60歳となる方のご長寿祝いですが、

古希祝いは”数え年”で70歳になるお祝いですので、

満69歳になるときにお祝いするものです。


また、プレゼント・贈り物をご用意される際には

古希祝いにちなんだ色に配慮が必要です。


還暦祝いは、赤色にちなんだ品物を

選ばれることが一般的ですが、

古希のお祝いでは、紫色にちなんだものを選びます。



格好品や食べ物などを贈り物に選ばれる場合は、

必ずしも紫色を優先する必要はありませんが、


プレゼントとしては定番のちゃんちゃんこや座布団、

色を選ぶことができる贈り物なら

紫色にちなんだものを選ぶことがしきたりです。



古希のお祝いに、色がきれいだからと赤いちゃんちゃんこを

プレゼントしたりすると、大きな恥をかいてしまいます。


古希のお祝いのマナーとして、覚えておきたいところです。






古希のお祝いの仕方

古希祝いに紫色のちゃんちゃんこ








古希のお祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 古希のお祝い贈り物 at 09:44 | 古希(古稀)祝いのしきたり
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。